ギター女子になろう!

ギター ギター女子

近年ではギターを弾く女性が増えてきています。

ギター女子というワードも定着して、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回は、ギターを始めたいけど、何から始めたらいいか分からない。

そんな女性のために、まずはギターの種類について紹介していきたいと思います!

色んなギターがありますが、ポピュラーなギターは主にエレクトリックギターアコースティックギターです。それぞれの特徴や音の違い、弾きやすさなどを知って、自分に合ったギターを見つけましょう。

もちろん、ときには見た目で選ぶことも大事です(後々のモチベーションにも影響するので一番大事な要素かもしれません…)

女性視点からメリットやデメリットなども記載しているところがありますので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

エレキギターの特徴

名前の通り電気を使用して演奏するギターです。エレクトリックギターの略称で「エレキギターあるいはエレキ」と呼ばれています。エレキギターにはどんなイメージをお持ちでしょうか?

ROCKなイメージだったり、バンドサウンドなど歪んだ音のイメージしかなかったという生徒さんもいらっしゃいました。もちろん間違いではなく、ROCKサウンドには欠かせない楽器でもあります。

エレキギターは歪んだ音もかっこいいですが、クリーンで綺麗な音色も出せます♪

色んな音色を出せる面白い楽器なんです。楽器店に行くと様々な種類があるので、何も知らない状態で行くと目移りしてしまいますよね。手始めにどんなエレキギターがあるかを見ていきましょう!

ストラトキャスター

エレキギターをイメージすると、この形を想像する方が多いと思います。そのぐらい世界的にも最も人気のあるギターではないでしょうか。代表的なメーカーは「Fender(フェンダー)」です。名前が長いので「ストラト」と省略されて呼ばれます。

ストラトを使用する女性だと、海外ではBonnie Raitt(ボニー・レイット)、Jess Lewis(ジェス・ルイス)など、日本では安達久美、MAMI(SCANDAL)などのギタリストが使用していますね!

音色はクセもなく、カラッとしたサウンドで様々な楽曲に対応できるバランスの取れたギターです。シンプルに扱いやすく初心者にもとてもおすすめです!

テレキャスター

先ほどのストラトと比べると見た目も少し違いがありますよね。

テレキャスターの略称は「テレorテレキャス」です。テレキャスも「Fender(フェンダー)」が有名なメーカーです。

とても歯切れのいい音色が特徴で、主にクリーンサウンドからクランチといわれる少し歪んだ音色にマッチします。高音域が煌びやかでアタックの強いジャキっとした音が特徴的です。バランスの取れたギターなのでこちらも初心者におすすめです!

テレキャスを使用する女性だと、海外ではChrissie Hynde(クリッシー・ハインド)、Avril Lavign(アブリル・ラヴィーン)など、日本では木村カエラ、YUI、宮崎朝子(SHISHAMO)、HARUNA(SCANDAL)、橋本絵莉子(チャットモンチー)など他にもまだ数多くの方がいます。こうして見てみるとギターボーカルが好んで使うことが多く、伴奏にも優れたギターということが分かります。

レスポール

続いてレスポールです。見た目がガラッと変わりましたね。前者の2種類と比べると、丸みのあるボディと、ネックも少し幅があり、パワーのある太い音を出せるのが特徴です。代表的なメーカーは「Gibson(ギブソン)」或いは「Epiphone(エピフォン)」のみレスポールという名前で呼ばれます。似たような形のギターは全てレスポール・タイプのギターになります。

ストラトテレキャスにはシングルコイル・ピックアップが搭載されており、クリーン〜クランチ(少し歪んだ音色)を得意としています。

シングルコイル・ピックアップ

ハードロックのようなより深く歪んだパワーのある音色で演奏したい方には、ハムバッキング・ピックアップが搭載されているギターがおすすめです!

ハムバッキング・ピックアップ

レスポールを使用する海外の女性だと、Gretchen Menn(グレッチェン・メン)、Nancy Wilson(ナンシー・ウィルソン)等がいます。日本の女性ギタリストではレスポールをメインで使っている方はなかなか見かけないですね。

見た目や音色もかっこいいのですが、女性が好まない理由はやっぱり重さですかねぇ・・・。

エレキギターのまとめ

代表的なエレキギターを見ていただきましたが、他にもまだご紹介していないメーカーや形状が多数あります。

「Fender(フェンダー)」や「Gibson(ギブソン)」等はどうしても高価なギターに入りますので、予算的にどうしても抑えたい方にはフェンダーの遺伝子を引き継ぎながらもリーズナブルな「Squier(スクワイヤー)」の他、「Epiphone(エピフォン)」、Bacchus UNIVERSE(バッカスユニバース)、ヤマハ PACIFICA(パシフィカ)等まだまだあります。1万円〜4万円以内でもギターを始めることができますので、高価な楽器だと思わずに手頃なものからスタートするのもありですね。私も最初は安価なギターからスタートしたので、全く問題ありません♪

 

初めてギターを弾く女性の方に向けて、女性視点からエレキギターの印象をまとめていきます。

まずは良い点からいきましょう。

・弦を押さえる力があまりいらない。

・見た目の種類や、音色の種類が多くて楽しい。

・クリーンサウンド〜激しく歪んだハードロックやメタルサウンドまで色んなジャンルに対応できる。

・チョーキング(弦を持ち上げ音を変化させること)や、速弾に向いている。

こんな感じに弦を持ち上げることをチョーキングといいます。

・生音が小さいので夜でも思いっきり練習できる。

 

そして気になる点は、

・重量がある(大体平均で3〜5kgあるからなんせ重い!運ぶのが大変)

平均でストラトは3.2〜3.8kg、テレキャスは3.2~3.6kg、レスポールは3.8〜4.5kg。なかなか重い。

・機材が増える(アンプ、シールド、エフェクター等)

こんなに家の中にあったら大変ですねぇ・・・。

ギターや機材が増えることで女性らしい部屋とはかけ離れていきますので、要注意です(笑)

・ネック(持ち手の部分)が太いギターがある(手の小さい人はとても押さえにくい…)

押さえにくい・・・

押さえやすい!

様々なネックの太さがあります。

手の小さい女性だと実際にギターを持って自分の手に合ったものを見つけることがとても重要です。見た目だけで選んでしまうとネックが太くて弾きづらい…!なんていうことになりかねません。こういったところでギターを難しく感じてしまうポイントにもなりますので、できるだけ自分に合ったギターを探しましょう。

最初は弦を押さえる指に力が入らずなかなか音が出なかったりしますが、エレキギターはそこまで力がいらないので、女性におすすめのギターなんです。年配の女性でも少ない力で音が出やすいので、年齢を気にせずに始められるかと思います。

まだ小さい女の子には重すぎるのではないかと心配はありますが、子供用のミニギターもありますので、手の小さいうちからでもギターを始められます!


こちらがミニギターです。隣に標準サイズのギターを置いたので、比較すると小さめに作られているのが分かるかと思います。(左側大人用/右側子供用)ミニギターでも作りはしっかりしてますね!

アコースティックギターの特徴

続いては、アコースティックギターです。略称は「アコギ」と呼ばれています。

アコギは電気を使わないので手軽に弾けるギターです。ボディの真ん中にサウンドホールといわれる穴が開いているのが特徴です。実はエレアコという電気を使うタイプのアコギもあります。

こちらがエレアコです。

変わったものが付いてますね。ここで音色の調整やチューニング(音を合わせること)もできてしまいます。動作するには9V電池が必要になります。見た目の形状は通常のアコギに似ていますが、アンプを通し更に大きな音で出力できる為、ライブ向きのギターです。

最近では弾き語りで多くの女性シンガーが演奏しているのがアコースティックギターです。日本の女性シンガーではあいみょん、miwa、大原櫻子、YUI、阿部真央、中島みゆき等まだまだ沢山の方がいますね!

どうしても弾き語りのイメージが強いアコギですが、ブルースやカントリーミュージックには欠かせないギターです。コードを弾く以外にも、単音で奏でる音色がとても美しい楽器です。最近ではソロギターというメロディと伴奏を一緒に奏でる演奏をする方が増えてきました。ソロギターは中級者〜上級者向けなので、初心者の方は最初にギターコードから覚えていくのが良いですね。

 

こちらも女性視点から印象をあげていきましょう。まずは良い点から、

・とても軽い、背負っても軽い(女の子〜年配の女性まで持ち運びが楽にできます)

・生音がとにかく綺麗。

・機材がなくてもしっかり音が出る(ライブなどをする場合には必要になります)

・弾き語りができる。

 

そして気になる点は、

・生音が大きいので演奏する場所が限られる(アパートの方や近隣に響く可能性がある。夜に弾くには音が大きすぎる)

・ボディが女性には大きく感じる(ボディが小さめのアコギもありますが、出音も小さくなります)

・形状がほぼ一緒(個性を出したい方はボディカラーで攻めましょう)

色があるとまた印象が変わりますよね。好みの色で選ぶのもいいと思います。

こちらもミニギターがありますので、小さなお子様もアコースティックギターを始めることができます。

ボディサイズが小さいのでとても軽いです。

アコギは弦高(弦の高さ)が高めなので、弦を押さえるときの指の力が必要になります。指に関してはエレキにも言えることですが、どちらのギター弦も鉄でできている為、ギターを始めたばかりのときは弦を押さえる指が必ず痛くなります。

習いにきている生徒さんも最初は指の痛みと戦いながらも練習しています。そのせいで上手く力が入らなかったり、音が鳴らなかったりします。ここに関しては男女問わずギターを挫折してしまう要因のトップだと思います。

けれど最初のうちだけで、段々と指が強くなっていきますので安心してください!

最初は音が綺麗に鳴らないのはあたりまえのことなんです。

 

そして女性ならではですが、一つだけ女子力ダウンするポイントがあります。

それは「爪」です。

ギターの指板を押さえる側の爪はどうしても深爪しなければいけなくなるので、爪が小さくなります。

 

 

爪が多少伸びてても弾けないことはないですが、正しい押さえ方ではなくなるため、上達は遅くなります。

ギター女子は爪が伸びたオシャレなネイルは潔く諦めましょう(笑)

あえてマイナスポイントも上げましたが、ギターを初めた後に気づくよりも最初に知っていた方が心構えとして受け止められますよね!

 

もしもこれからギターを初めてみようと考えている女性の方は、まずは体験レッスンへお越しください♪

RGS教室ではレッスン時に無料でギターの貸し出しを行っていますので、学校帰り、仕事帰り、お出かけ前などに手ぶらでお越しいただいても大丈夫です。何のギターが自分に合っているかまだ不安な方は、レッスン時にご相談いただければお答えいたします。実際にギターの音を出して音色の違いや重さを確認していただくこともできますので、気軽にお問い合わせくださいませ。

メディアやSNSの中でもギターを弾ける女性を見かけるとカッコよくて、キラキラして見えますよね。

ギターを演奏できるようになるととても楽しいですよ♪

今回はギターの違いについての大まかな説明でしたが、いかがでしたでしょうか。

これからギター女子を目指すみなさんに少しでもお役に立てれば幸いです。

RGS ギタースクールでは女性限定コースがございます。ギターに興味があるけど、男性の先生だと緊張してしまう…等あれば是非当教室までレッスンを受けにきてください♪

女性同士なので、気楽に楽しくレッスンを行なっています!女性だからこそできるアドバイスもありますので、何でも相談してください!お待ちしています♪

RGS講師 川村(Sachi)

 

« »