おしゃれギター女子のストラップ編!

ギター ギター女子

 

今回はギターストラップについて取り上げていきます!

ストラップとは、エレキギターアコースティックギターを肩に担いで演奏するためのものです。ライブパフォーマンスでは立って演奏することが多いため、ストラップを付けて練習することがとても重要になります。

ライブをする予定がない方でも普段から立った状態で練習する習慣を付けていきましょう。まだギターに慣れないうちは座ったままの状態で練習することが多いかと思います。コードやフレーズを覚え、いざ立ち上がって弾いてみると急に演奏が難しく感じたりするものです。どちらの状態でもしっかり演奏できるようになれた方がやはりかっこいいですよね!

なかなかストラップは注目されないアイテムなのですが、カッコいいものから可愛いもの、個性的なストラップもあります。シンプルで地味なストラップが好きだ!というギター女子もいると思いますが、ギターを引き立たせるポイントにもなりますので、見た目も重視したいというお洒落ギター女子ストラップにこだわってみるのも良いと思います。

 

それでは、私が実際に持っているストラップをご紹介していきます!

 

最近お気に入りの「P&P」ストラップです。1500円前後と安価ですが、お洒落なデザインが多いです。宇宙柄に一目惚れして購入しました(笑)お洒落なストラップを付けたいけど、お値段は抑えたいという方におすすめです。ストラップ自体も軽くシンプルなのでレッスン時にも使用したりしています。

 

こちらは「Best Sounds」ストラップです。長さ100㎝〜167㎝に調整ができます。価格は1000円前後で安いのですが、表面にヴィンテージ風の刺繍が入っていてデイジーの花が可愛くお洒落ですね。エレキはもちろんアコギにも合うデザインだと思います!

 

こちらは「Soldier」ストラップです。長さ95㎝〜153㎝に調整できます。価格は1000円前後ですが、安いのに作りはしっかりしてる印象です。3色の刺繍デザインが素敵で気に入っています。黒生地に刺繍デザインが施されているので色んなギターに幅広く似合うと思います♪

 

こちらは「Get’m Get’m(ゲットムゲットム)」ストラップです。AVRIL LAVIGNE、Prince、Pink、レディGAGA、SAMMY HAGER、トム・ハミルトン、ジェームス・オットー、ジョン・レジェンド、マイリー・サイラス、Santana、ビヨンセ、ケニー・ウェイン・シェパード等、海外のアーティストにも愛用者は多く有名なUSAブランドです。ハンドメイドで作られており、2重構造で耐久性も抜群です。生地に高級感もありお洒落なデザインや有名人が使用していることでブランド的な要素も大きいです。値段は平均1万円前後なのでストラップにしてはやや高級ですが、周りと被りたくない人や、見た目重視ならばこれですね!鉄のバックルが付いているので少し重いのが気になるところ…、沢山のアーティストが使用してることや高級感と格好良さに惹かれて愛用しています。お洒落は忍耐と努力…ということですかね…!

 

ここで一旦、大人サイズのストラップばかり紹介しましたので、ミニギター用のストラップも取り上げたいと思います!

 

こちらが、「Ennbon」から出ているミニギターサイズのストラップです。75㎝〜125㎝まで調整でき、幅も細くなっているので、子供用のミニギターや最短サイズにすればウクレレにも使用できますね。小柄なお子様でも使えますね!ボヘミアン柄でとても可愛いデザインです。

 

こちらは「Live Line」から出ている星柄のストラップです。79㎝〜140㎝の長さ調整ができ、比較的短くできるのでミニギターでも使用できますね。大人になってもそのまま使えるのが良いですね!星が全体的に散りばめられていて素敵なデザインですね♪

大人サイズのストラップでも最短サイズが短めに作られているものがあるようですので、小さなお子様でも可愛いデザインのストラップを選べるのは嬉しいですね。

 

それではここから、個性派ストラップを見ていきましょう!

 

かなりド派手ですね…(笑)学生の時に目立ちたい一心で無地のストラップにピンクのファー生地を縫って作ったストラップです!今はちょっと恥ずかしくてつけられませんが…。ここぞというライブステージに立つときや、とにかく目立ちたい!という方にはこういった生地を探してハンドメイドしてみるのも面白いですよね♪

 

こちらはファイヤーストラップ。まさに「」心に炎を灯してギターを弾けそうですね。メーカーは不明ですが、こんな感じにインパクトのあるデザインも存在しますので、目立つこと間違いなし。ステージ映えしそうです。ストラップから気合を感じられますね。

こちらは北郷先生の「CIMFORT」から出ている機能性の高いストラップです。肩に当たる部分にクッションがついていてギターの重さを軽減してくれます。長時間演奏する上で肩への負担はどうしてもあるので、こういったクッション性の高いストラップが1本あるといいですよね。付け心地は最高です!

こちらは仲野先生が使用している「levys」から出ている皮のストラップです。渋い。オリアンティやジョン・メイヤーも愛用しているそうです。皮のストラップは新品だと硬いものが多いですが、こちらのストラップは皮が柔らかいため肩に馴染みます。皮が硬い場合は使用することで段々と柔らかくなり、肩に馴染むようになるかと思います。使い続けることで味の出るストラップですね。

他の先生達は意外にシンプルなデザインを好んで使うことが発覚しました(笑)

様々なストラップがありましたが、いかがだったでしょうか。1000円以内〜1万円以上のストラップも存在します。ギターにばかり目が行きがちですが、こうして見るとデザイン性やカラーや材質の種類があり、ファッションの一部としても取り入れられますよね。今回ご紹介した以外にも沢山の種類が存在しますので、気に入ったストラップを身に付けて、ギターをより楽しく弾けるようになると良いですね!

自分のギターカラーに合うストラップを探すのも楽しいので、お洒落なストラップを身につけてカッコいいギター女子を目指していきましょう!

RGS ギタースクールでは女性限定コースがございます。ギターに興味があるけど、男性の先生だと緊張してしまう…等あれば是非当教室までレッスンを受けにきてください♪

女性同士なので、気楽に楽しくレッスンを行なっています!女性だからこそできるアドバイスもありますので、何でも相談してください!お待ちしています♪

RGS講師 川村

こちらもお薦め


講師インタビュー 女性限定コース講師川村先生のインタビュー
ギター女子になろう! 川村先生によるギター女子のすすめ
ギター女子もロックピン ストラップを止めるロックピン
ギター女子お勧めピック ギター女子おすすめのピック紹介

« »