速弾きコース

fplay ロック・ギターの速弾きに特化したコースです。ロック・ギターの憧れ、速弾きを弾けるようになってみませんか。

ロック・ギターを弾いていると、誰もが一度は速弾きに憧れるものでしょう。しかし、いざ弾いてみるとなかなかうまく弾けないものです。これは、基本フォーム、ピッキング、フィンガリング、脱力など、速弾きに対する弾き方が出来上がっていないためです。速弾きをするためには、それ相応の練習が必要になりますが、ただ時間をかければいいわけではありません。正しいフォームで効率よく脱力が出来ないと弾く事はできません。

速弾きコースでは、まずしっかりとフォームを作ることを徹底して練習します。特にピッキングが肝になりますので、右手の練習をしっかりしてもらいます。それから、速弾きのフレージング、フレーズを作るコツ、各種スケールを練習し、速弾きマスターを目指してみましょう。

速弾きに必要な脱力やピッキング・フォームは通常のプレイでもおおいに役立ちます。速弾きを練習すると、速弾きでないプレイも格段に上達します。フォームを見直す機会にもなるでしょう。

速弾きコースは個人レッスンのみ行います。レッスン時間は45分です。年間36回のスケジュールを組みます。無料体験レッスンも随時開講しています。


無料体験レッスンは随時募集しています。お気軽にお問い合わせ下さい→体験レッスンの申し込み
お電話でのお問い合わせ、体験レッスンの申し込みはこちら→03-6279-9006

入会金:¥3,240 → 只今無料キャンペーン中!


個人レッスン
45分 月3回 ¥11,880/月謝


 

コース名 レッスン形態 レッスン時間 レッスン回数 月謝(税込)
速弾きコース 個人 45分 月3回 ¥11,880-


体験レッスンの申込み  または

速弾きってなんですか?
速弾きとは、リード・プレイを高速で弾くことです。ハード・ロックやメタル系のプレイヤーの中で多く用いられる奏法で、スピード感や緊張感を増すフレーズを弾くプレイです。乱雑なピッキングで弾くのではなく、高速かつ1音1音を正確に弾くプレイを目指します。タッピングやスイープ、エコノミー・ピッキング等のテクニックもこれに含まれます。

具体的にどの位の速さなんでしょう?
BPM=130を16分音符で弾く位の速さから、速弾きと呼んで良いでしょう。もちろん上をいったらキリがないですが、まずは130以上の速さとしておきましょう。

%e8%ad%9c%e9%9d%a22

速弾き用のギターってあるのでしょうか?
速弾き用のギターはないですが、速弾きを弾きやすいギターはあります。速弾きをするには、フィンガリングに負担が少ないほうがいいです。そのため、指板のアールが少ないギターの方が弾きやすいでしょう。また、ネックの太さが自分の手に合っていると良いです。手の大きさにもよりますが、日本人の平均的な手の大きさを考えると、グリップの薄いネックの方が速弾きに特化しているといえます

guitar

どのくらいで弾けるようになるのでしょう?
練習量にもよりますが、ある程度の時間はみておいた方がいいでしょう。速弾きは右手と左手のフォームがしっかりしていることと、両手のタイミングがしっかり合うこと、これがポイントになります。手の感覚を鍛えるためには、そこそこ時間を費やさなければなりません。あまり焦って考えずじっくり練習してみて下さい。

guitarteleギターに関するあれこれ。ギター講師による記事が満載です。ギター投稿記事一覧

体験レッスンの申込み  または

ico_star2_9ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい→問い合わせ

コース一覧へ戻る