エレキとアコギの違い。初心者が初めるのはどちらからがいい

ギター

guitarteleエレキとアコギの違い?初心者が初めるのはどちらからがいい?guitartele
エレキ・ギターとアコースティック・ギターはどんな違いがあるのでしょう?
初めてギターを練習をする時、どちらのギターを選ぶといいかな?
明確に弾きたいものが決まっていなかったり、こんな曲が弾きたいけど、実際どちらのギターで練習した方がいいのかな?そんな疑問に、ギター・スクールからの見解でお答えしてみたいと思います。

guitar2ギターの種類
まず、ギターには幾つかの種類があります。これは、張ってある弦によって2つの種類に大別できます。ナイロン弦の張ってあるクラシック・ギターを代表とする仲間と、スチール弦の張ってあるアコースティック・ギターを代表する仲間です。クラシック・ギターの仲間には、フラメンコで使われるスパニッシュ・ギターや、サイズの小さいソプラノ・ギター等があります。スチール製弦のアコースティック・ギターの仲間には、エレキ・ギター、テナー・ギター、スチール・ギター等の種類があり、大きさや演奏方法、音色、使用される音楽ジャンル等が様々です。では、ギター教室で取り上げられているエレキ・ギターとアコースティック・ギターにはどのような違いがあるか、細部を見てみましょう。

エレキギター アコースティックギター
EG EG_Side AG_D AG_Side
▲一般的なエレキ・ギターです。 ▲横から見ると、薄さが解ります。 ▲一般的なアコースティック・ギターです。 ▲エレキに比べ厚みがあります。

guitar7エレキ・ギターとアコースティック・ギター、決定的な違いはココ
エレキ・ギターとアコースティック・ギターの違いは、音の共鳴のさせ方が物理的に違います。「弦の音をどのように大きく響かせるか」が、決定的な違いになります。この違いにより、ギターの形や大きさ、構造が変わり、最終的には演奏性まで影響してくると言うことになります。対比させると以下のようになります。

ギターの種類 音の響かせ方
アコースティック・ギター 弦の振動をギター本体、ボディーの空洞で共振、増幅させます。ギター単体で大きな音が鳴り、自然な弦の響きを得る事ができます。ギターの大きさや、素材、形によって音色や音量が異なります。
エレキ・ギター 弦の振動をピックアップと呼ばれるマイクで拾って、ケーブルを通してアンプで増幅させます。アンプを繋がないと本来の音は鳴らず、アンプで音量や音色のコントロールをすることができます。

guitarblow構造の違いがもたらす演奏性
アコースティック・ギターは、弦の振動が直接楽器の音になります。弦振動をより効率よく振動、増幅させるために、ある程度、弦に太さと張りの強さが必要になります。弦が太い、張りが強いと、弦を押さえる力が強くないといけません。しっかり弦を捉えて、フレットに弦を確実に押さえつける左手の握力が必要になるのです。また、張りの強さが強いと、それを支えるネック部分の強度が必要になります。そのため、アコースティック・ギターはネックに厚みや幅をもたせ、強度を増している構造をしています。ネックは左手で握って弦を押さえる場所です。ネックの太さや厚みが演奏性に影響する事は、容易に想像できることと思います。
ボディーの大きさも、弾く人の体格によっては大きく影響します。アコースティック・ギターは懐に抱え込むようにして弾きます。大きなギターは、手を前に回り込ませる事が出来ない場合もあります。米国生まれのギターは、米国人向けのサイズで作られているため、体の小さな日本人に優しい設計というわけにはいかないようです。

AG_Neck

▲アコースティック・ギターのネック部分。実際に左手で弦を押える場所になり、太さや厚みが演奏性に大きく影響する

エレキ・ギターはピック・アップと呼ばれるマイクで弦振動を拾い、アンプで音を増幅させるため、ギター本体で弦振動を増幅させる必要はアコースティック・ギター程ありません。逆にギター本体が振動をし過ぎると、効率よくピック・アップに弦振動の信号を送ることができなくなってしまいます。従って、アコースティック・ギターのように太い弦は張られていないのです。弦が太くないので、押さえる力も少なく済みます。弦の張力も小さく、その分 ネックを細く作ることができるため、押弦が非常にし易い設計になっています。ボディーも小さく薄くなり、ギター本体の大きさが演奏性に影響する事がなくなります。

EG_cont

▲エレキ・ギターのピック・アップ。ここで弦の振動を電気信号に変えています。

EG_Neck

▲エレキ・ギターのネック部分。アコギに比べて薄く、幅も狭く、弦を押さえ易い構造になっています。

guitar-125自宅練習と消音楽器について
日本の住宅事情は決して恵まれているものではないと思います。特に音に関しては、近隣に気を配って生活している事と思います。まして、楽器をガンガン鳴らして練習するような事は夢のまた夢。そんな中で、楽器メーカーも工夫して、消音器や消音楽器を開発しているようです。ギターは、比較的小さい音の楽器ではありますが、それでも弾けばそれなりに大きな音が鳴ります。楽器は出来るだけ大きな音で、思い切り練習した方が上達は早くなるものです。そんな住宅事情の中でギターを練習するにはどうしたら良いでしょう。

アコースティック・ギターの場合、ボディーに開いた穴(サウンドホール)から弦の音が反響して出てきます。この穴を塞ぐことで消音効果が得られます。専用のサウンドホールカバーも売られていますが、ダンボールで自作してもいいでしょう。サウンドホールを塞ぐと、音の響きは少なくなり、せっかくのアコースティック・サウンドが得られないので残念です。しかも、多少音は小さくなりますが、まだまだ大きな音であることは変わらないでしょう。練習用の消音ギターを購入すれば解決されますが、安価なものではありません。なかなか難しい問題ですね。

▲YAMAHA SLG110S サイレント・ギター

▲YAMAHA SLG110S サイレント・ギター

エレキ・ギターはどうでしょう。エレキ・ギターはアンプに繋がなければ、弦のペチペチした音しか鳴りません。アコースティック・ギターに比べると、はるかに小さな音ですし、場合によてっては、テレビの音より小さくなるほどですので、自宅練習にはもってこいです。さらに、ヘッドフォンを繋げるヘッドフォンギターアンプも販売されています。これはとても安価で購入でき、音質もとても良いです。エレキ・ギター+ヘッドフォンアンプは、どんな楽器と比較しても他の追従を許さないほど完璧な消音楽器と言えるでしょう。

vox_ap2aca

▲VOX Amplug AC30 G2ヘッドフォンギターアンプ

amp2魅力的なサウンド
アコースティック・ギターの音色は、ギター本体だけでほぼ完結されています。テクニックや弾き方で若干の違いを出すことはできますが、概ねギターの個体に音色は委ねられています。
エレキ・ギターとの大きな違いは、弦の振動が自然に増幅されていると言うこと。よりナチュラルな、まさにアコースティックな音を鳴らすことができます。自然と響く弦は、厚みのある豊かな音で鳴ります。ギター1本でも、伴奏楽器として充分な性能を持っています。楽器として、1台で伴奏を完成させることができるのは、ピアノとアコースティック・ギターだけです。純粋な弦の響きは、人の耳に優しく伝わり、演奏者の心の動きが、指の動きを通して伝わりやすくなります。ピアノと違い、弦を直接触っている事が、楽器の音色や表現力に繋がっていると言えるでしょう。

アコースティックギターは種類により音色が違う
ドレッド・ノート・タイプ oooタイプ
AG_D AG_ooo
▲弦振動を豊かに響かせる大きなボディーが特徴の形。コード・ストローク、アルペジオ等どんなプレイ・スタイルにも対応する。 ▲小柄なボディーが特徴。持ちやすく演奏性に優れているが、ストローク・プレイではパンチにかける。アルペジオ、独奏等で良く使われる。

エレキ・ギターの音色は、ギターとアンプによって作られます。エフェクターを繋いだりする事で、音色に色々な変化を付けることもできます。様々なアンプやエフェクター、リプレイス用のピック・アップ等も売られており、組み合わせによって無限の広がりがあると言えます。エレキ・ギターの音色は、アコースティック・ギターのような自然な弦の響きというより、電気的に作られた音色です。善し悪しの問題ではなく、アコースティック・ギターのような音はエレキで鳴らすことはできず、アコースティック・ギターでエレキの音は鳴らすことが出来ないのです。
エレキ・ギターは演奏性に優れていることもあり、様々なテクニックを使って、フレーズに表現を付けることが出来るのも魅力の一つです。伴奏に限らず、メロディーを弾いたり、ソロを弾いたりすることも多いです。アコースティック・ギターの弦1本の音は小さいので、メロディーやソロをガツガツ弾くことは少ないですが、エレキ・ギターは、ソロの時だけ音量を上げる事も簡単にできるので、積極的にギター・ソロが音楽の中に取り入れられています。

efx2

▲エレキ・ギターと音色をコントロールするエフェクター。4つ並んだ一番右が、ボリュームをコントロールするペダル。奥に鎮座しているのがギター・アンプ。

guitar4どちらを選ぶ?
エレキ・ギターとアコースティック・ギターの具体的な違いは分かってもらえましたでしょうか。ギターにはそれぞれの個性があり、弾くフレーズや音楽ジャンル、スタイル等に合わせて使い分けられています。では、初めてからギターを弾く場合、ズバリどちらのギターを選ぶといいでしょう。

ズバリと言えば、エレキ・ギターの方がお勧めできます。
まずは、弦の押さえ易さがあげられます。アコースティック・ギターは弦が固く押さえるのに力が必要なので、慣れないうちはまともに音を鳴らすこともできないです 。それに比べエレキ・ギターは、アンプに繋げば直ぐに音を鳴らすことができます。弦を押さえることに慣れていても、アコースティック・ギターの弦を押さえるのは、構えてしまうことがあるくらいです。慣れないうちは、余計に大変なことになるでしょう。
次に、家で練習がしやすいこともポイントです。エレキ・ギターはアンプを通さなければ、小さな音しか鳴りません。大きな音を鳴らしたい時はヘッドフォン・ギター・アンプを使えば大丈夫です。アコースティック・ギターは消音処理をしても、かなり音が鳴りますので、住宅事情で問題がない方以外は、エレキの方が普段の練習がしやすいと思います。

ギターを弾く上での基礎となる知識やテクニックは、エレキもアコギも同じ内容になります。それらの基礎テクニックに加え、エレキ・ギターには独特なサウンドを出すための様々なテクニックがあり、全てを習得するには時間がかかります。逆にアコースティック・ギターは、ひと通りの基礎をマスターすれば、その先の殆どは基礎の延長で弾くことができます。これはどう言うことかと言うと、、、

ギターの種類 演奏難度
アコースティック・ギター 基礎テクニックをマスターすれば、ある程度弾ける。
エレキ・ギター 基礎テクニックをマスターした上で独特なエレキ・テクニックも練習する

 

これは、エレキ・ギターが弾けていれば、アコースティック・ギターもある程度弾けるということです。逆にアコースティック・ギターが弾けても、エレキ・ギターを弾くことはできません。どちらのギターも、卓越した技術を身につけようとしたら一生かかりますし、どちらも同じくらい魅力的なサウンドを出すことが出来るのも確かです。が、楽器を弾くと言う観点から見て、最初のひと山の頂上が低い位置にあるのは、アコースティック・ギターの方ではないでしょうか。

アコースティック・ギターを弾きながら歌うあのスタイルに強い憧れがある。
アコースティック・ギターの魅力的な音色でギターを弾きたい。
私自身もアコースティック・ギターは大好きな楽器です。ここでは、敢えてどちらかのギターで結論を出す為に話を進めて来ました。決してアコースティック・ギターから始めてはいけないと言う事ではありません。音楽を奏でる上で、2種類のギターの違いに迷ったら、参考にして頂けたらと思います。

金髪センセー

ギタースクール無料体験レッスン受付中→体験レッスン申し込み

guitarエレキ・ギター、アコースティックギター教室 好評開講中

%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%ad%e3%82%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3ギターの楽譜がダウンロードでご購入できます。→ダウンロード楽譜

guitarteleギターに関するあれこれ。ギター講師による記事が満載です。ギター投稿記事一覧
→エレキギターを始めるのに必要なものと、かかる費用
→アコースティック・ギターを始めるのに必要なものと、かかる費用
→ピックを持つ。初心者はどの形を選ぶべき?


« »