速弾きに適したピックの形、厚みは?

ギター

guitarblow速弾きに適したピック
速弾きに適したピックとはどのようなものでしょう。ピックの形状によって弾き心地は大分違うものですが、速弾きに特化したピックについて検証してみましょう。

ピックの種類
ピックは様々な形状のものが売られていますが、大別すると正三角形のトライアングル・タイプ(おにぎりタイプ)か、一辺だけが鋭いティアドロップ・タイプに分けることができます。ティアドロップには、その大きさによってさらに細かく種類が分かれます。ピックは形だけでなく、素材や硬さによって、持ち心地や弾き心地がまったく違うので、まずは各々の特徴についてまとめてみましょう。

トライアングル
トライアングル・タイプは正三角形で三辺すべてがピッキングに使える点で経済的です。形状は大きく親指・人差指ともにピックとの接着面積が広いため、握ったときの安定感が良くビギナーにもオススメできるピックです。コード・ストロークやカッティングがやりやすく、リード・プレイも弾くことができますが、「速弾き」という観点で見てみると、ピック先端の角度がディアドロップに比べ丸く、わずかでも角度がズレると正確に弦に当てにくくなったり、指との接着面積が広いことから指の屈伸を使った細かなピッキング・テクニックが使いにくく高速ピッキングにブレが生じやすい傾向があります。以上のことから、トライアングル・タイプは速弾きには不向きと言えるでしょう。

ティアドロップ
続いでティアドロップ・タイプですが、ピッキングに使用できるのが鋭角な一辺だけとなっており(ごく稀にピックの丸い方を使うこともありますがそれは別の機会に。)、バッキングからリードプレイまでこなせる万能型ピックです。しかし弦に対して適切な深さを維持してピッキングしなければ、ピックが弦に引っかかりやすく音粒が不安定になりがちです。トライアングル・タイプに比べると指先との接着面積が少なく、親指と人差指のわずかな動きだけでもピックをコントロールできるので、スピードを上げることに意識を向けやすく、速弾きに適しているピックだと言えるでしょう。

PG
ティアドロップ・タイプには、さらにいくつかのバリエーションが存在します。スタンダードなティアドロップ・タイプを基準として、ひと回り小ぶりな形状の「PGタイプ」。MR.BIGのギタリスト、ポール・ギルバートが愛用しているピックで、非常にピック・コントロールがしやすく速弾きに向いています。スタンダードなティアドロップに比べ先端の鋭さがやや落ちるため弦に引っかかりにくく、ピッキングのスピードを上げることに意識を向けやすくなっています。

JAZZ III
そして更に小ぶりな「JAZZ IIIタイプ」。先端は鋭くシャープですが、ピックそのものがとにかく小さいので使いこなすには慣れが必要でしょう。こちらも速弾きには向いていますが、握り方に気をつけないと豪快なコード・ストロークでは少し弾きにくさを感じるかもしれません。指まで弦に当たってしまわないように、浅く握るのがポイントです。

ピックの厚み
ピックの厚みについてですが、バッキングからソロまでバランスよく演奏するには、ハード(1.0mm前後)のピックをオススメします。弦に対してピックが負けないのでアタックが速くクリアーです。力加減がダイレクトに伝わり強弱のコントロールがしやすいです。ミディアムやシンの柔らかいピックでは弦に対してピックが負け過ぎてしまうので、ピッキングしてから実際に音が発音されるまでにわずかなタイム・ラグが生じますし、強くピッキングするとピックが割れてしまうことさえあります。エクストラ・ハードだとかなり太い音にはなりますが、ピックそのものの存在感があり過ぎて握っている違和感を無くすには、かなりの練習量と慣れが必要でしょう。

もちろんトラアングル・タイプや、薄過ぎたり厚過ぎるピックではいけないというわけではありません。それらのピックでバリバリとテクニカルな演奏をするギタリストもいますが、まずは手に馴染みやすくコントロールしやすいピックで練習を積み、ピッキングの技術を磨いた上で、様々なピックを使ってみて弾き心地やサウンドの違いを試してみる、というのが良いでしょう。ピッキングの技術が備わっていれば、大抵のピックは使いこなせるはずです。

たかがピック、されどピック。人間の指先はとても繊細なものです。同じティアドロップ・タイプでも、ピックの材質が変われば握りやすさやサウンドさえも変化しますので、楽器屋で何種類か握ってみて一番しっくりくるものを選びましょう。

アールジーエス・ギタースクール

速弾き専門コース好評開講中→コースの詳細はこちら
無料体験レッスン→お申し込みはこちら

guitar
guitarteleギターに関するあれこれ。ギター講師による記事が満載です。ギター投稿記事一覧

« »